『女だから無理』は思ったことが無かった

本音で書くと言ったからには、ありのままの私を出していこうと思う。

読んで、引く人もいるかもしれないけど(笑)

あ、でも、まだまだ超小出しよ。

ってことで、とりあえずの自己紹介。

生まれは福岡。

幼少時代の育ちは対馬。

とても男の子っぽい女の子で、中学生になって制服を着るまではスカートを履いたことがなかった。

スースーするし、女の子に見えるし、面倒くさいって思ってたね。

遊ぶ内容が限りなく男の子寄りで、男の子と遊ぶことが多かったから、男子の中の女子より、男子に見えてた方が楽だったんだね(笑)

「ぼく~」って言われて、最初のころは『女!』って訂正してたけど、だんだん面倒くさくなってそのまま返事してたり(笑)

さすがに、20歳くらいになって居酒屋でバイトしてる時に『兄ちゃん!』って呼ばれたときは『どこ見とるん!おっぱいあるやろ!!』ってゴリラポーズで言い返してたけど(笑)

負けず嫌いで、男の子に負けるのが嫌だったのかもしれない。

その性格はずっと続いてて、高校生になったらバンドして、16になったらバイクに乗ってみたり、大人になってからはスノボにウェイク、カイトサーフィン、海外でバックパッカーしてみたり。

まぁ、何にしても『女だから無理』なんてことは思ったことがなかったよ。

この辺は、また小出しに書いていこうかな。

9d81c7e2626b7989df2b74538ff21f18_407f27a26de4d154f93b807bb3c3fff0

人と群れるの大好きだけど、独りでも全然平気。

独りでいると新しい出会いがある。

それがたまらなく魅力的だった。

オーストラリアでヒッチハイクもやった。

「女の子が危ない!」

なんてことを思ってたら、何もできない。

海外を旅しながら『命まで狙われることはないやろ。生きてたらどうにかなる』って思ってた。

『先のことを考えるより、今を楽しまなきゃ』

ってね。

今考えると、無謀すぎ?(笑)

私に振り回された周りの皆さん、今更ですが、ごめんなさい(-_-;)

9d81c7e2626b7989df2b74538ff21f18_407f27a26de4d154f93b807bb3c3fff0

でもね。

女であることは嫌いじゃなかった。

男の子みたいなことをしてきたけど

『いっそ男になりたい!』なんて思ったことはないんだよね。

きっと、私の母が『女の子なんだから!』ということを一切言わずに、自由に育ててくれたからだと思う。

女だってできる!ということを証明したかったのかもしれない。

だから、男の子っぽい女をやってきた。

「このギャップがいい!」って、私に惚れてくれた人もいたっけな(笑)

そして、子供を産んでからは母性爆発!

自分にこんなに母性があったんだって、子供たちが教えてくれた。

母親になるって素晴らしい!

ほんとに。

あぁ、もう、全然自己紹介じゃない(^^;)

こんな感じだけど、ちょっとづつ私を知ってもらうのも、ま、いっか。

じゃね♪

おすすめ記事

  1. いのちの大切さをつたえるのはいいことなのか、そうでないのか
  2. むく2周年
  3. 介護人は、介護ばかりやってちゃダメだ
  4. 環境の力ってすごい!
  5. やっぱり家がイイよね〜
  6. 合同会社MUKU1周年!
  7. 赤ちゃんに学ぶケア

関連記事

  1. 支援する人される人
  2. 可愛いばあちゃん目指して
  3. 私は私の時間で生きる
  4. 3歳で離ればなれになった娘。会いたい?
  5. 人に逢うという事
  6. だから椅子が好き!
  7. 鏡の法則
  8. 子育てブログもSNSも

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP