自分らしく生きる。生きてもらう

「施設っぽくない大きな家を作ろう」と決めたので、事業所の理念も考えよう。

2a12ae5462534d16bc5f412d6d4f3aa9_99a09ece06bc8e6c996c17db05e31f66

理念と書くと硬いけど、結局何がしたいのかってことなんだよね。

何のために、会社があるのか。

何のために、事業所を作るのか。

そこを明確にしておくと、働いてくれる人も、私自身もぶれずに行動することができる。

で、いろいろ考え悩んだけど、決めた!

『自分らしく生きる』

え?簡単すぎ?(笑)

でも、これしかないっしょ。

最後まで、その人らしくイキイキと生き抜いてほしい。

みんな違って当たり前。

「その人らしさ」を大切に!

「その人らしさ」がわからなかったら、わかるために、その人を知る努力をする。

その人を知るために、興味を持つ、その人のことを好きになる。

好きになったらしめたもん。

良いケアに繋がること間違いなし!

そして自分自身も「自分らしさ」を大切にしていこうじゃない。

【行動指針】も考えた。

私自身と、事業所で働くみんなに、常に心に留めておいてほしいこと。

1.自分がまずは幸せのお手本になる

人の人生に関わる仕事なんだから、まずは自分の人生を豊かにしなきゃ。

ストレスいっぱいで働いてるなんて、本末転倒。ナンセンス。

自分が幸せでいることは絶対条件。

2.可能性を諦めない

生きてる限り、いろいろな可能性がある。

簡単にあきらめちゃダメ!可能性を捨てちゃダメ!

3.楽しむことを忘れない

笑いのない、楽しみのない人生なんてつまらない。

生きてる限り、ワクワクすることをいっぱいしよう。

4.普通の暮らしを支える

迷ったときは、自分に置き換えてみて考える。

普通って何?

その人にとっての普通って?

を常に頭において行動しよう。

5.無垢の心で、ありのままを受け入れる

障害の有無、年齢、性別、関係なし。

あなたはあなただから、そのままでいい。

みんな違って当たり前なんだから。

6.地域に溶け込む

事業所は、地域の一部だってことを頭に入れて、どんどん地域に出ていく。

施設の中で完結するんじゃなくて、あくまで、そこの住民だってことを意識して。

スタッフも利用者も、地域の人との繋がりを作っていく。

自分の心に問いかけながら、何がしたいのかを言葉にしてみた。

これってすっごい難しい。

でも、言葉にしておくと、迷ったときの道しるべができる。

柔軟な対応をしながらも、理念に沿っていれば大丈夫って、安心できるもんね。

まだまだ増えるかもしれないし、減るかもしれないし、変わるかもしれないけど、今の時点ではこんなとこ。

もっといい言い回しができたら、変わる可能性大だけど(笑)

6c336fba82c757d04f32ae15514df01a_11eb0f3a6a64f898669d8a1d6981308c

ところで、このロゴ。

うちの会社、MUKUのロゴですw

MUKUの意味は無垢のむく。

あ、意味不明?(^^;)

「自然のまま、ありのまま」を大事にしたいから。

のびのびと、生きてる限り人間らしくいてほしいから。

そんな意味でのMUKU。

大体、私自身が着飾ることも、不自然に装うことも、見栄を張るのも、カッコつけるのも苦手なんだもん!

偉い人相手にしてても、普通に突っ込み入れちゃうし(笑)

ヒールが高い靴なんて履けないし!(挑戦したことはあるけど諦めた)

自分らしくない化粧もダメ!(厚化粧はお化けになる)

高層ビルの高級レストランなんてのも、ぜんっぜん似合わない(笑)

でも、海や自然の中で暮らしてると落ち着くし、高級料理より庭でバーベキューの方が心地いい。

そんなナチュラル人間だから、仕方ない(笑)

自分らしく、心地よく生きることを大切にします。

(でもね、上手に化粧してる人やかっこよくヒールの靴を履いてる人をみると、ステキだなぁかっこいいなぁって思うんだけどねw)

てなわけで、MUKUも私もよろしく!

事業所のオーブンは来年だけど、一緒に働きたい無垢な仲間も募集中です(^^)

おすすめ記事

  1. 環境の力ってすごい!
  2. いのちの大切さをつたえるのはいいことなのか、そうでないのか
  3. 赤ちゃんに学ぶケア
  4. やっぱり家がイイよね〜
  5. むく2周年
  6. 合同会社MUKU1周年!
  7. 介護人は、介護ばかりやってちゃダメだ

関連記事

  1. 細かい打ち合わせスタート
  2. 生まれてきてくれてありがとう
  3. 海があるから今がある
  4. 動かずにはいられない!私がセミナーに参加する理由
  5. 実は忙しくしてまして
  6. 選択肢は与えてあげたい。だからオーストラリアに行く!
  7. 祝1周年
  8. 輪投げ大会とお囃子と

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP