支援する人される人

人は、時に、誰かの手を必要とすることがある。

障害を背負ったり、歳をとったり、子育てママになったり。

そんな時、支援される人になる。

支援されているときは

『すみません』

とか

『ありがとう』

を何度も人に言ってる。

それはそれで、良いと思う。

だって、人は支えあって生きているんだから。

でも、ずーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーっと

ずーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーっとそうだと、ちょっと辛くなる。

昨日、あちこちで赤ちゃん先生プロジェクトの説明をしながら、思った。

『母親の就労支援という意味もあるんです』

支援??

そっか。

母親になったら、支援される側になるのか~?

でも、ママハタのメンバーは、母親でも子供と一緒でもお仕事として、できることを探してやってるよな~。

社会に役に立つことをしてるもんね!(ママハタ=社会起業化集団)

いつも、子供と一緒だけど、ママだってできることはたくさんあるし、ママだからこそできること、ママだから長けていることがたくさんあるんだもんね。

(ママ達、みんな~、あなたたちはすごいのよ~~!! そこに気付こう!)

できないことは、手伝ってもらえばいい。

迷惑かけたら「すみません」

そして、できることをすればいい。

ママも、高齢者も、認知症者も、障がい者も、みんな、要支援者や要介護者かもしれないけど、支える側にだってなれる。

ありがとう

って、言うばかりでなく、言われる側にだってなれる。

ありがとうって言われ、誰かの役に立つことって、生きる喜びにつながるよね。

「もう歳なんだから、何もしなくていいですよ~」

なんて、高齢者に言っちゃだめだよ。

「歩くの大変だから、座ってていいですよ~」

も、ダメですよ~。

できること、やりたいことは、やってもらおう!

子供たちだって、そう。

「自分でできたの!?すごいね~!」

がやる気に繋がるもんね(^_^)

支援する人とされる人は、役割固定じゃない。

支援されながらも、誰かの役に立つことってきっとある。

それが何かわからない?

探すの手伝いますよ~~~~(^O^)/

おすすめ記事

  1. 環境の力ってすごい!
  2. むく2周年
  3. 合同会社MUKU1周年!
  4. やっぱり家がイイよね〜
  5. いのちの大切さをつたえるのはいいことなのか、そうでないのか
  6. 介護人は、介護ばかりやってちゃダメだ
  7. 赤ちゃんに学ぶケア

関連記事

  1. 子連れで働くって実際どうするの?
  2. 映画「まなざし」
  3. むく祭り。感謝!
  4. テーブルからの暮らし作り
  5. 私は私の時間で生きる
  6. 用具を使う。これ、当たり前ケア!
  7. 祝1周年
  8. 今年もありがとう!!来年もよろしく!!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP