トーマ12歳。英語を習い始める

トーマは、こーんな顔だから、英語が話せると思われてしまう。

でも、ごめんね。

唐津弁しか喋れないの(;’∀’)

やっほー!

九州生まれの九州育ちだけど、なぜかたまに関西弁な、唐津のみっちゃんです。

トーマが、自分のことを知るために、自分の生きる道を探すために、来月オーストラリアへ行くことにしました。

この顔だから、英語がスラスラ~って出てきても違和感ないよね。

むしろ

もう、なんしよっと~?それとっと~っちゃけん!(リアルなセリフ)

とか言ってる方が違和感があるかも?(笑)

で、今更慌てても遅いとは思うのだけど、ちょっとでも、ほんのちょっとでも自信が持てるようにというか、慣れるようにというかで、英会話教室へ行くことにしたよ。

といっても、友達のとこなので、そんなに緊張もせず。

いや、緊張してたか?(笑)

ファミリーでトーマの相手をしてくれて、ありがたい限り。

ジェイソン、ちょっと怖そうに見えるけど、とっても優しくて、楽しいカナダ人の先生です。

トーマは

I’m hungry.

だけを完ぺきに覚えていた(笑)

まぁ、生きていくうえで、一番大事かもしれないね(笑)

そして、最近トーマがちょっと変わってきた。

今までは「あ~、オレ日本人が良かったぁ~」だったのが

俺って、得だよね。

だって、オーストラリア人にもなれるっちゃろ?

そんな人、なかなかおらんよね。

になった。

「日本人が良かった」発言のときは、やっぱり周りに「がいじ~ん!」とかってからかわれたりするから、彼なりに悩んでたみたい。

でも、そうじゃない。

トーマはトーマで、あんたは、貴重なこの世にたった一人のトーマなんだよ。

って教えてきた。つもり。

自分のことを大好きだと、自分のことを認められるようになると信じてた。

(まぁ、うちは父ちゃんがなかなか厳しいので、怒られる頻度も多いので、やや自己肯定感の低い子なんだけど・・・。)

オーストラリアに行って、自分のことを知って、自分の存在を認めて、外人なんて言われても「へ」とも思わないようになってくれたらいいなと思う。

そして、まだまだこの世にはトーマのことを愛してる人がいるんだって、それを知るのは良いことだと思う。

会話にはならないだろうけど、何か通じることはできるでしょ。

そんなわけで、トーマの人生の転機になるかもしれない10月。

そして、10月は「自分らしく生きる」高齢者施設【むく】の補助金申請の認可が下りて、うまくいけば着工する月でもある。

私の人生の転機でもあるとよね。

なおちんが、歩き出す月でもあるな、きっと。

そんなわけで、いろいろあります。

おすすめ記事

  1. むく2周年
  2. やっぱり家がイイよね〜
  3. 環境の力ってすごい!
  4. 赤ちゃんに学ぶケア
  5. いのちの大切さをつたえるのはいいことなのか、そうでないのか
  6. 合同会社MUKU1周年!
  7. 介護人は、介護ばかりやってちゃダメだ

関連記事

  1. 明けましておめでとうございます
  2. トーマの人生。私の決断。
  3. 流行り目
  4. エンパシー!!
  5. 再会も必然
  6. 子育て中をメリットに
  7. 私がブログを書いてる理由はね
  8. うちはこんな家族の形

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP