注文を間違えるTシャツ屋さん

むくでは、スタッフTシャツを販売しています。

1枚1500円。

子供サイズ1000円。

仕入れ値が1200円なので、ぶっちゃけ赤字です(笑)

注文を間違えるというのも、もし、間違えたら笑って許してね♪という気持ちです。

あの有名な「注文を間違えるレストラン」のパクリです。

それぞれ、できるパートをやってもらう。

シャツを畳むのが上手な人。

袋詰め作業が得意な人。

宛名書きや、一筆分を書くのが得意な人。

一人でやると大変だけど、こうやって作業を細分化して、それぞれができるところをチョットする。

そんな感じだと、うまくいきます。

仕事をするというのは最高のリハビリ。

料理や洗濯の家事でも、誰かのお世話でも、人の役に立つことをしたいと思うのは、人としての本能でもあるんですよね。

そして発送は、元郵便局員さんだった方と。

認知症になっても、何らかの社会参加ができるんです。

そんなことを、やりたいがために「Tシャツ屋さん」やっています。

おすすめ記事

  1. 環境の力ってすごい!
  2. いのちの大切さをつたえるのはいいことなのか、そうでないのか
  3. 介護人は、介護ばかりやってちゃダメだ
  4. むく2周年
  5. やっぱり家がイイよね〜
  6. 赤ちゃんに学ぶケア
  7. 合同会社MUKU1周年!

関連記事

  1. 笑う門には・・・
  2. 駄菓子屋むく
  3. 人生いろいろ
  4. お風呂はとってもとっても大事
  5. 多世代型ごちゃ混ぜコミュニティ
  6. 子連れで働くって実際どうするの?
  7. 私の天職(作業療法)っていうのはね
  8. 「できる」と「大切」を見つける。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP