輪投げ大会とお囃子と

子ども達が多い、土曜日。

輪投げ大会が始まった。

投げるのは、じいちゃん、ばあちゃん。

拾うのは、子ども達。

拾った輪っかは頭からかぶる。

自然発生したルールで、自然発生した遊びが始まる。

付き合ってやるじいちゃん、ばあちゃん。

そのうち、じいちゃんばあちゃんも面白くなって、拍手喝采、万歳三唱。

午後からは、お囃子。

こんなの間近で見れることないから、ラッキー(//∇//)

その雰囲気に、盛り上がる。

ベッドのまま出てきたチエさんは、ベッドを子ども達に占拠されるし(笑)

じいちゃんばあちゃんとスタッフでお茶してたら、サチコさんが片付けてくれた。

というのは嘘で、私にやれやれ言われて仕方なく台車を押しているサチコさん。

でも、絶対笑顔だよね、これ( ˶˙ᵕ˙˶ )

おすすめ記事

  1. 合同会社MUKU1周年!
  2. 赤ちゃんに学ぶケア
  3. いのちの大切さをつたえるのはいいことなのか、そうでないのか
  4. むく2周年
  5. 環境の力ってすごい!
  6. やっぱり家がイイよね〜
  7. 介護人は、介護ばかりやってちゃダメだ

関連記事

  1. 地域に出向く
  2. 細かい打ち合わせスタート
  3. 日常の中の非日常
  4. 看護小規模多機能の役割
  5. ホウキ1つでありがとうに変わる
  6. むく祭り2018
  7. お出かけ日和
  8. だから椅子が好き(ソファー決定編)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP