個別ケアは孤独ケアじゃないとよ

必要な空間。

プライベート空間。

集える空間。

ちょっとだけ死角になる空間。

集団の中の自分の居場所。

生活の場所には、それぞれが落ち着ける居場所が必要だよね。

家族でも、ご飯を食べるときに座る椅子は、決まってることが多いでしょ?

人って、初めての場所なんかに行ったときは、まず、自分の安心できる小さな空間を探して、座席を確保するとちょっと落ち着くことができたりする。

子供もそう。

もちろん、大人も認知症の人も。

だから、みんなの場所にも、小さな自分の居場所は必要。

秘密基地や、小さな隠れ家みたいなところはワクワクするよね。

この感覚って、大人になっても続いてる。

自分の大好きなものに囲まれた、自分だけの空間。

自分らしく生きる、施設っぽくない大きな家【むく】では、そんな自分だけの空間も大切にしたいと思う。

泊りの方の個室もそうだけど、みんなで過ごすリビングにも、それぞれのテーブルや椅子を用意したい。

1人1人が、自分場所のだと感覚的に思えるようなテーブルや椅子。

そして、それぞれの身体に合った使いやすいものを用意する。

これって、要介護状態の人にはとっても大事なこと。

椅子の高さ1つで、姿勢が変わり、テーブルの高さ1つで、食事が自力でできなくなったりする。

小さなお婆ちゃんには、小さな椅子とテーブル。

地べたに座りたい人には畳とちゃぶ台。

テーブルも同じものを揃えるのではなく、何種類かあっていいよね。

もちろん、みんなで座れる大きなテーブルも、それはそれで選択肢の一つにしたい。

集団の中での個を、いかに生かせるようにするか。

個別ケアが大事だからと、個室に閉じ込めて、孤独にさせてしまうようでは本末転倒。

個別ケアは孤独ケアではない。

人は、人との関わりの中でこそ人らしくいられるんだからね。

【むく】は、できるだけ外に向かって、オープンな建物にする予定。

大きな掃き出し窓には、濡れ縁を。

リビングからはテラスに自由に行けて、外にでられるよ。

子供たちの通学路にある場所なので、「いってらっしゃい」や「お帰りなさい」と、声掛けができるといいな。

吐き出し窓の部屋は『地域交流室(仮称)』としているので、子供たちの寺子屋、ボランティア室、赤ちゃん先生のミーティングルーム等、自由な空間にしたい。

施設っぽくなく、いかに入りやすい雰囲気を作るか。

ここが、私の中で最も大きな課題なのだ(`・ω・´)

おすすめ記事

  1. 赤ちゃんに学ぶケア
  2. やっぱり家がイイよね〜
  3. むく2周年
  4. 環境の力ってすごい!
  5. いのちの大切さをつたえるのはいいことなのか、そうでないのか
  6. 合同会社MUKU1周年!
  7. 介護人は、介護ばかりやってちゃダメだ

関連記事

  1. 秋ですよ。
  2. 看護小規模多機能むく。上棟式でした
  3. 一緒にご飯を食べよう
  4. 輪投げ大会とお囃子と
  5. だから、キッチンが真ん中ね。
  6. できるんです!
  7. 子連れで働くって実際どうするの?
  8. 子育て中をメリットに

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2017年 2月 06日

PAGE TOP