多世代型ごちゃ混ぜコミュニティ

いい!!

すごくいい!!

こんな場所があったら、住んでみたい!!(≧▽≦)

おはようございます!

テレビを見ながら、また夢が大きく膨らんだMUKU代表、唐津のみっちゃんです。

シェア金沢。

ここだよ、ここ。

子供からお年寄りまで、障がい者もその程度やタイプに関係なく一緒に暮らしている町。

それぞれに、それぞれができる役割があって、お互いに支援する人、される人でない関わり合いがコミュニティを作っている。

今まで、お年寄り、障がい者は支えられる側だったけど、ここではそうでない。

それぞれが、それぞれの役割を持って、生きがいを見つけて生きている。

街の中には、病院とか、福祉施設とか、そういうのだけがあるわけじゃなくて、温泉があったり、カフェや食堂があったり、ウクレレ教室や、ライブハウスまであったりする。

アルパカだったかな、動物も飼われてて、畑もある。

そして、それぞれが町の人だけでなく、地域住民の集いの場となり、みんなが入り乱れている感じ。

まさにごちゃ混ぜ。
難しい言葉で言うなら共生。

学生は格安で住める代わりに30時間のボランティア。

知的障害のある方たちは、動物の世話をしたり、お弁当作りや、配送の仕事。

70歳オーバーの高齢者でも、元気だったらヘルパーとしてそこのデイサービスで働く。

認知症のお年寄りだって、重度心身障がい者の方の介護をしたり、また、その重度障がい者の方も、自然にみんなの輪の中に入ることができている。

お互いに、隙間を埋めるように、絶妙なバランスでうまく機能しているようにみえる。

すごいなぁ~。

地域の人たちも巻き込むような仕組みもたくさんある。

学童保育があったり、いろいろな教室があったり、お店や温泉があったり。

いろいろなことが、あちこちで行われてる。

ほんと、すごいなぁ~。

日本版CCRC。

失敗例も、過去にはあったみたいだけど、その地域、地域に見合った形で作ることができれば、素晴らしいと思う。

私は、私にできることから始めよう。

みんなが、笑顔でいられるように、命が交わる場所を作ろう。

ということで、今日も笑顔でいきまっしょ(*^_^*)

おすすめ記事

  1. いのちの大切さをつたえるのはいいことなのか、そうでないのか
  2. 赤ちゃんに学ぶケア
  3. 合同会社MUKU1周年!
  4. 介護人は、介護ばかりやってちゃダメだ
  5. むく2周年
  6. やっぱり家がイイよね〜
  7. 環境の力ってすごい!

関連記事

  1. 「できる」と「大切」を見つける。
  2. 明けましておめでとうございます
  3. 自分らしく生きるってどういうこと?
  4. 今日もまた
  5. 何が普通かわからないけど。
  6. 目指すは施設っぽくない大きな家!
  7. 赤ちゃんのいる高齢者施設
  8. 看護小規模多機能の役割

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP