むく2周年

むく2周年

駄菓子屋&フリマオープン。

Sさん88歳の誕生日。

と、お祝いづくしの4月1日。

RKBニュースの取材も入り、賑やかな1日となりました!

気がつけば、むくも3年目に突入。

訳がわからないまま突っ走った1年目。

少しは計画性を持って動いてきた2年目。

3年目は「むくだからこそ」できることを、しっかりやっていける様になりたいと思います。

新たな事にチャレンジすれば、また課題が出てくるのは当たり前。

課題を乗り越え、成長していくスタッフであってほしい。

そして、利用者さんにも「できないかも」とか「難しいかな」と思うことにも、チャレンジして欲しい。

「やってみちゃおうかな〜」と思わせることができるケアのプロであって欲しいと思います。

さてさて。

初の駄菓子屋さんの売り子は、バースデーガールのSさん。

最初は戸惑いながらも「40円よ」「お釣りは10円ね」「ありがとねー」と。

値段を覚えたり、計算するのは難しくても看板婆ちゃんの役はバッチリ!

楽しそうに売り子さんをする姿を見て、こちらも嬉しくなりました。

駄菓子屋さん、今のところ不定期開催ですが、旗が出てる時には、ぜひ立ち寄ってみてくださいね〜(≧∀≦)

そして、2周年。

豪華な鉢盛りとケーキはスタッフの力作。

他のスタッフももちろん、赤ちゃんボランティアさんも、利用者のみなさんも、それぞれできることを手伝ってくれました。

みんな、すごい!!

今年はくす玉も落ちなかった!!(笑)

こんなに素敵な人たちに囲まれてる私は幸せです!

3年目のむくも、よろしくお願いします♡

おすすめ記事

  1. 合同会社MUKU1周年!
  2. 環境の力ってすごい!
  3. やっぱり家がイイよね〜
  4. 介護人は、介護ばかりやってちゃダメだ
  5. むく2周年
  6. 赤ちゃんに学ぶケア
  7. いのちの大切さをつたえるのはいいことなのか、そうでないのか

関連記事

  1. むく祭り2018
  2. あれもこれもリハビリ
  3. まさか、今頃、明けましておめでとう
  4. この町が好き!ありがとう!
  5. 駄菓子屋むく
  6. なぜ「自分らしく」なのか
  7. だから、キッチンが真ん中ね。
  8. 日常の中の非日常

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP