合同会社MUKU1周年!

やっほー!

なんと!!

今日で会社を立ち上げて1年だった!!ということに、さっき気がついた、合同会社MUKU代表、唐津のみっちゃんです(笑)


そんな日の海。

1年早すぎて、ほんと、あっという間。

なおちんのおかげで、起業しよう!と思い、ママであるということを強みにやってきた。

いつも抱っこひもの中にいたなおちんも、こんなに大きくなった。

我が家のアイドル♡

私が10年以上前から、ずっとやりたかったのは、高齢者が生き生きと暮らせる場所を作ること。

私のエゴかもしれないけど、私がやりたい作業療法(リハビリ)、介護ができる場所を作りたかった。

人が生きるって、こんなんじゃない。

人って、一人一人違って、一人一人その人らしい生き様があって、その人独自の人生が最後まで創られていくべき生き物。

それぞれに、過去と未来があって、それぞれの所属していた場所、集団、関係性がある。

そこを大切に、最後まで生きることを全うしていけるような、そんな場所を作りたかった。

もっと泥臭い、画一的でない個性のある暮らし。

介護する、されるのではない、生活の場である大きな家。

そこには、高齢者だけを集めるのではなく、私たち中年層や、若者、赤ちゃんたちの存在が必須。

人間は、いろいろあって、みんな違ってみんないい。

私がMUKUを作ったのは、そんな人間模様を一生かけてみていきたいと思ったからかな。

高齢者を支えていくには、国に頼ってるばかりではだめ。

外国人の介護士さんもいいけれど、ここはママたちの出番!

高齢者介護は、子育て中のママにもってこいの仕事!

だって、子連れOKだし、コミュニケーションうまいし!

子供たちは高齢者を元気にするし、子供たちにもおじいちゃん、おばあちゃんができる。

でも、託児所ではないんです。

子供たちも、あくまでその場のスタッフ。

しっかり働いてもらいますw

おばあちゃんとお散歩したり、おじいちゃんとボール転がししたり、ハイタッチしたり、ハイハイするところを見せてくれたり。

私たちが、かくし芸披露するより、よっぽど喜んでもらえそうじゃない?(笑)

記憶にもしっかり働きかけてもらいます。

回想法。

昔のことを思い出しながらお話をすると、認知症の症状も改善するとか?

さ、赤ちゃんたち。

おむつ交換させてね。

昔は、ああだった、こうだった・・・。

そんな話に花が咲くこと間違いなし。

赤ちゃんたちは、動いてその場にいて、いろいろな人と関わってくれることで最高の仕事をしてくれる。

看護小規模多機能【むく】は

ママと赤ちゃんたちの力を生かして、それぞれが自分らしく生きる大きな家。

・ ママたちが働くことにより スタッフ不足解消

・ 子連れ出勤により 保育所不足解消

・ 赤ちゃんの力で 認知症予防・改善

これができれば、日本の育児・介護問題も解決につながるかもしれない。

なんて、でかいことを言ってみます。

夢はでかい方がいい!ってね(^◇^)

いよいよ2017年4月にオープン!!

今年のMUKUも、よろしくお願いします!!

おすすめ記事

  1. 介護人は、介護ばかりやってちゃダメだ
  2. 環境の力ってすごい!
  3. 合同会社MUKU1周年!
  4. 赤ちゃんに学ぶケア
  5. むく2周年
  6. いのちの大切さをつたえるのはいいことなのか、そうでないのか
  7. やっぱり家がイイよね〜

関連記事

  1. 赤ちゃんのいる高齢者施設
  2. 祝1周年
  3. 近隣説明会で
  4. むくの人たち
  5. 目指すは施設っぽくない大きな家!
  6. むくの目指すところは
  7. 秋ですよ。
  8. 今年もあと1日!って日だけど

コメント

    • はる
    • 2017年 4月 08日

    コメント失礼します。
    6月に認知症グループホームで5ヶ月の子を連れて子連れ出勤をする予定です。
    利用者9名に対し職員3名の体制で、基本的にはおんぶで過ごす予定ですが、ベビーベットに寝かせる時もあると思います。また、入浴介助でおんぶは厳しいと思うので、利用者や職員に見てもらうことになるかもしれないのですが、その場合、何かあった時の責任は負わせられないので対処に悩んでいます。
    参考にさせて頂きたいのですが、そちらの施設では、母親が子供から目を離さなくてはならない時はありましたか?その際はどのように対処されていましたか?

      • みっちゃん
      • 2017年 4月 10日

      はるさん、コメントありがとうございます。
      当施設では、母親が子供から目を離す時間は、他のスタッフが見ています。(母親が「見といてね~」と声をかけてます)
      買い物に行くとき、食事を作るとき(おんぶで対応しているスタッフもいます)、利用者さんの病院の送迎、入浴介助。
      ただし、1歳を過ぎた子ばかりで、まだオープンして間もないためスタッフ数も多く、利用者さん3人に対してスタッフ3人+訪問要員が2人います。
      ですので、あまり参考にはならないかもしれません。
      今後、利用者さんが増えてきたときは、何らかの対応を考えていく必要があるとは思うのですが、子供たちは今のところ、ここでの生活に慣れていますので、大丈夫みたいです。
      責任の所在は、契約時に「何かあった場合、すべての責任は母親です」と話をしています。

    • はる
    • 2017年 4月 11日

    ご返信ありがとうございます。
    なるべく全員にとって良い時間になるように工夫してみます。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP